はじめに

TOS家庭教師センターでは不登校・発達障害・高卒認定資格・成績不振・幼児教育などを行っています。

創業35年ほどの歴史があります。確実に結果を出してきたという実績があります。大学に合格するなどのこともあります。

特徴

TOS家庭教師センターの特徴は次のようになっています。

教師が直接面談を行います。お子さんとの相性も考えて講師選びなどをしていきます。
教材やテキスト販売などは基本的に行いません。
クレジット契約などは行いません。
途中解約もできます。解約金もいただきません。
家庭教師の交替も自由にできます。
地域密着型のサービスとなっています。

不登校生対策

不登校生も基本的には不利ではありません。今は高校に行けなくても高卒認定資格を取得することができます。その高認資格を取って大学に入学して卒業できれば大卒扱いになります。

旧大検試験は中卒者もしくは高校中退者が対象でした。ただ高認試験は不登校で学校に行けないという高校生も受験の対象となります。

高認資格はだいたい8もしくは9教科が対象になります。ただ高校で今までに取得した単位は除外されます。何科目かは減ることもあります。TOS家庭教師センターではこの高卒認定試験対策もしっかりと行っていきます。

発達障害対策

発達障害は自閉症スペクトラム・学習障害・注意欠陥多動性障害などが代表的です。いずれのお子さんもこだわりが強く得意不得意の分野がはっきりとしているのが特徴といえます。

TOS家庭教師センターでは発達障害のお子さん向けの指導を行っています。指導法は得意分野をまず尊重します。その上でお子さんに合った指導を一緒に考えていきます。自信を付けていくことで少しでも不得手分野にも食らいつけるような状況を作っていきます。

受講対象

TOS家庭教師センターでは小中高校生向けの指導を行っています。また幼児向けの指導もできるようになりました。

コースは小中学生ベーシックコース・高校生ベーシックコース・高校受験ベーシックコース・大学受験ベーシックコース・高卒認定試験ベーシックコース・プロコース・ジュニアコースなどがあります。

指導範囲

TOS家庭教師センターは主に関東地方の家庭教師団体ということもあって関東の1都7県が中心になっています。ただ最近は愛知県のほぼ全域・静岡県の平野部・北海道札幌地区・大阪府のほぼ全域・京都府のほぼ全域・沖縄県のほぼ全域が対象となっています。

指導までの流れ

TOS家庭教師センターではまず電話かネットでの問い合わせをしていただきます⇒次に無料体験学習の予約をします⇒その後無料体験の学習をします⇒入会手続きを経て⇒その後受講開始となります。自分の目標に向かって進んでいただきたいです。